学歴コンプレックスになる3大原因!今からでも克服できる!!

こんにちは、べっちです。

今回は学歴コンプレックスを抱いてしまう原因をお伝えしようと思います。

 

ところで、学歴コンプレックスで悩んでいる方は実際とても多いです。

ふと周りを見渡せば、大学の友人の中に学歴を気にしている人もいますし、

インターネット上のお悩み掲示板サイトなどでは、

社会人になっても周りの同僚たちとの学歴の差を気にして悩んでいるという声も本当に多く見られます。

実際、僕も数年前に極度の学歴コンプレックスを持っていて、それが原因でうつ病にまでなりました。

僕の詳しいプロフィールはこちら

 

でも、まず最初にこれだけは言っておきたいのですが、

学歴コンプレックスは自分の心の問題ではあるがその根本的な原因は自分にあるのではない

ということです。

 

どういうことかというと、学歴コンプレックスは必ず後天的に身についてしまうものだということです。

当然ですが、誰しも生まれてきた時から遺伝的に

学歴コンプレックスを持つような遺伝子を持っているわけではないのです。

だから、学歴コンプレックスを抱いてしまうのは根本的に自分が悪いわけではないのです。

なので、自分を責める必要はないんですよ!

 

では、前置きが長くなりましたが

具体的に何が学歴コンプレックスの原因なのかをお伝えしていきます。

 

今まで育ってきた環境

これが一番の原因です。

今まで育っていた環境とは、例えば両親からの影響、通った学校、友達…などです。

 

人間の価値観や人格が形成されるのは

青少年(学校で言うと小中高あたり)の時期なので、

その時期に親からどのように接せられ、どのような学校に通い、どのような友達と過ごしたか

などが最も学歴コンプレックスを抱くようになるかならないかを左右します。

 

例えば、親から「いい大学に行かないといい会社に入れなくて、結果的に人生苦労するよ」

などと言われ、

進学校に通い、レベルの高い大学に行くことが当たり前の環境だったり

勉強ができる人ほど注目され表彰されるような環境に身を置き、

周りの友達もみんなレベルの高い大学に行くというような環境で育ってきた場合、

自分の思うような学歴を得られなかった場合にコンプレックスを抱く可能性はかなり高くなります。

 

実際、僕はまさにそういう環境で育ってきたのです。

僕のプロフィールを読んでくれた方はご存知だと思いますが、

僕は小4から塾に詰め込まれ毎日勉強漬け。

中学受験をして中高一貫の進学校に通い、ずっと勉強に明け暮れました。

 

こういう環境で育ってきてしまうと、「勉強ができること=正義」

というような考え方になってしまい、それが転じて

「良い学歴じゃないと人からバカにされてしまう」

と思ってしまうのです。

 

幅広い世界を知らないこと

これも学歴にコンプレックスを感じる原因になります。

学歴にコンプレックスを感じるというのは、

「学歴がすべて」というような考えを持っているということなのです。

 

でも、世の中は学歴が全てではないのです。

学歴で人間の立派さが測れるわけではないし、学歴で幸せが決まるわけでもないのです。

こういうことは、おそらく誰でも頭では分かっていると思いますが、

これを本当に身をもって分かっているかが大切なのです!

 

これを身をもって分かっていれば学歴にそこまでこだわることはなくなりますし、

逆に知らないと、それこそ「学歴がすべて」というような考えになってしまうのです。

 

僕はうつ病を克服している時に始めたアルバイト先で、

50代になってアルバイトで生計を立てて生活をしている男性2人と出会ったのですが、

この2人と一緒に仕事をするという経験が僕に衝撃を与えたのです。

 

その男性2人は大学すら出ていない方で、

正規雇用での仕事もしておらずアルバイトで生活をしているような方だったのですが、

そこらの人なんかよりはるかに人間的に立派な方で、仕事もできる方々だったのです。

加えて、彼らはそんな生活でも幸せそうでした。

(詳しくは ↓
自分とタイプの違う人と関わって価値観が激変し、学歴コンプレックスをなくせた!』)

 

そんな彼らと仕事をしていくうちに、

僕は「人間の立派さや幸せは学歴では決まらないんだ!!」

ということに身をもって気付けたのです。

 

このように、良い学歴なんかなくても立派に幸せに暮らしている人もいるということを

知っていることが大切です。

上記の例はほんの一例であって、少し世の中を見渡せば、

そういう人達はたくさんいるのです。

でも、学歴コンプレックスを感じるのは大学生や社会に出て間もない人が多いので、

そういうことを知らない人が多いんですね。

 

自己肯定感がないこと

これはうつ病にもつながりかねない、学歴コンプレックスの原因の一つです。

自己肯定感がないと根本的に自分に自信が持てなくなってしまうのです。

そうすると、自分に対する自信を学歴に頼ることになってしまうのです。

つまり、学歴で自分を肯定しようとするようになるのです。

 

なので、そこで自分の思っていたような学歴が得られないと

コンプレックスを抱くことになってしまうんですね。

 

ところで、自己肯定感がないのはなぜかというと、

今まで学歴や成績などを抜きにした”素”の自分の価値を認められたことがないからです。

例えば、進学校で常に成績ばかりが重視されてきた人や、

親からいつも他の子と比較されながら育ってきた人は

成績や他人との比較においてではない”素”の自分の価値を認めてもらったことがないのです。

 

そうなると、自分で自分に自信を持つことができなくなってしまい、

学歴というレッテルで自分自身と他人に対して

自分を強く見せなければやっていけなくなってしまうのです。

こうして、学歴に対して強い依存が出来てしまうのです。

 

まとめ

以上のように、学歴コンプレックスを抱く主な原因は

家庭や学校などの今まで育ってきた環境や、世の中のことを良く知らないことなのです。

 

あるいは、もっと根本的なことを言えば、就職などの合否が学歴で左右するような

社会構造が原因であるとも言えます。

でも、そこに文句を言っても何も始まらないですし、

その社会構造を変えようとしても、まず自分の力では変えられません。

 

だからこそ、上に書いてきたような環境で育ってきて学歴コンプレックスを抱いている人は、

自分を変えていけばいいのです!

 

今まで限られた世界ばかりに触れてきて世の中のことを知らないのならば、

アルバイトをしてみたり、いろいろな人と関わってみたり、

いろんなところへ行ってみたりして自分の世界を広げていけばいいのです。

ちなみに僕はうつ病を克服する段階でアルバイトをしたり、いろんなところに行ってみたりしました。

(詳しくは ↓
こんな自分でも受け入れてもらえる
学歴コンプレックスがあった自分がいかにダサかったかを悟った日』)

 

自己肯定感がないなら、アルバイトでも趣味でもなんでもいいので頑張ってみましょう。

そうすればいずれ、あなたの行動を見ていた人から褒められたり、感謝されるでしょう。

そうやって、自分に自信をつけていき、少しずつ自己肯定感を高めていけばいいのです。

ちなみに僕は

大学に入ってから始めた空手部で主将になれて、

しっかり部員を統率し、部を運営できたことで自己肯定感を大きく高めることができました。

 

どんなにひどい学歴コンプレックスも、

このようにひとつひとつ行動していけば必ず克服できるのです!!

実際、僕はひどい学歴コンプレックスを少しずつ行動することによって克服してきました。

 

だから、まずは一歩を踏み出してください。

タウンワークでバイトの求人を調べる。

まずはこれだけでもいいんです!

小さな一歩も大きな進歩の始まりなのですから。

“ほんのちょっと”も大きな一歩

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学受験に大失敗し、ひどい学歴コンプレックスからうつ病になりました。
それを1年半で完全に克服し、
今では自分が心から満足できる大学で自分の好きな研究をして
充実した日々を過ごしています。

僕はもともと、何に対しても自信がなく
ただ勉強して周りの人より良い成績を取ることだけでしか
自分を保てない人間でした。

そして、何をしていても幸せではありませんでした。

でも、うつ病を克服してからは
自分に自信を持てるようになりましたし、
日々、とても充実していて幸せです!

「精神的に強かったからうつ病を克服できたんでしょ?」
と言われることもありますが、
全くそんなことはありません。

どんな人でもうつ病は克服できるし、
誰でも幸せになれる、幸せになる権利があるんです!

以下の記事で、僕がうつ病を克服して幸せになれた過程を紹介しています!

→僕の理念「考え方や価値観を変えて幸せになろう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックしてうつ病から幸せになれたべっちの物語を見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です