向いていないことを頑張りすぎていませんか?それ、うつ病の原因かも…!

こんにちは、べっちです。

 

ところでみなさんは、自分に向いていないことを頑張り過ぎていませんか??

例えば、

人と話すのが苦手なのに営業マンとして日々努力していたり、

大雑把な性格なのに繊細さが求められる仕事をしていたり、

テンション上げるのが苦手なのにアミューズメント施設で接客の仕事をしていたり…

 

うつ病になる根本的な原因は自分の考え方や価値観にあるのですが、

自分に向いていないことを頑張り過ぎるのもうつ病になる原因の一つなのです。

 

なぜかというと、当然ですが自分に向いていないことをやるのはつらいからです。

例えば上の例だと、人と話すのが苦手なのに営業マンをやるってつらいですよね?

だって営業マンなんて人と話すのが仕事といっても過言ではないのに、

その、人と話すことが苦手なのですから、それはつらいですよね。

しかも、営業マンはただ話すだけではなく

契約を勝ち取らないといけないというプレッシャーもかかりますよね。

 

苦手なことをしないといけない上にプレッシャーもかかる…。

これほど大変なことはありません。

 

毎日の仕事としてやっていることで、

その大変さに少し慣れてしまっているため

自分ではなかなかはっきりとは自覚できないかもしれないですが、

自分に向いていないことをすることによるストレスは実際は膨大なのです。

 

そういうストレスは、毎日毎日、

少しずつ体と心を蝕んでいくんですね。

そしてあるところで限界を迎えて、ある朝突然起きれなくなったりして

うつ病になってしまうという例もよくあります。

 

僕は人混みが大っ嫌いだったんですけど、

僕も今の大学に入り直すまでは

毎日、満員電車に乗って通学していたんですね。

そう、自分に向いていない環境にずっとさらされていたのです。

朝は必ず満員、夕方もほぼ満員…。

そんな状態の電車に行き帰り合計2時間、毎日乗っていたんです。

 

そして今の大学に入って満員電車から解放されてから気付いたのですが、

その毎日の満員電車は僕にとってとてつもなくストレスだったんです。

それによって毎日毎日、

ボディブローのように自分がじわじわ心的なダメージを受けていたことに気付いたんですね。

 

というのも、今でもたまに東京の方に電車で行くと、それだけで体調が悪くなるんです。

東京までは1時間ほどですが、それでも着いた頃には体が重い…。

そして夕方に帰ってきた頃には、もう気力0って感じなんです。

 

でもそれって肉体的に疲れているというよりは、

満員電車や東京の人混みのせいで精神的に参ってる状態なんですよね。

 

だから、うつ病の頃とか中高時代は本当によく毎日満員電車なんか乗っていたなと

つくづく思うんですね。

しかも高校1年生からは学校だけでなく、

放課後にさらに都心に近い予備校にまで通っていましたからね。

 

だから今思うと、自分に向いていない人混みでの生活とか満員電車も

自分がうつ病になる一つの原因だったのだろうなと思うんです。

 

でも今は、田舎で暮らしているので

人混みも満員電車からも解放されてそれだけで超気分がいいんです!

毎日毎日、ボディブローのように体と心を蝕んでいくストレスとは無縁の生活を送れています。

 

なのでやっぱり、自分に向いていないことはやるべきでないなってつくづく思います。

それをしなくなるだけで、それだけでも本当にずいぶん気が楽になると思うし、

幸せになれると思うんですよね。

 

だから普段から苦しい人やうつ病の人は、

自分が向いていないことを頑張り過ぎていないか確認してみて下さい!

もしあてはまるものがあるなら、なるべくそれをしないようにしましょう。

 

一気に環境を変えたり仕事を変えることは難しいかもしれないですが、

少し頻度を減らすだけでも効果ありますよ!

 

そして、自分が本当に望んでいるものが分かってきたら

徐々に自分に向いていないことはやめて、

自分が望むことを始めたり、自分が望む環境に行きましょう。

ちなみに、自分が何を望んでいるかが分からないという人は、

この記事を読んでみて下さい↓
(『それって人生の最終目標ですか?』)

 

自分に向いていないことばかりして生きていくのはつらいことです。

今後もずっとそれに苦しめられることを考えたら、

今から少しづつ変えていく方が絶対に幸せになれるのですよ!

少しずつでいいんです。少しの進歩でも大きな変化に必ずつながります。

(この記事で詳しく書いています!→『“ほんのちょっと”も大きな進歩』)

 

自分に向いていないことばかりやらなくてもいいのです。

ちょっと他に目を向けたり、考え方を変えるだけで

別の生き方はたくさんあるんですよ。

 

考え方や価値観を変える大切さについてはこちら↓
うつ病を克服するのに一番大切なことは、自分を変えることだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学受験に大失敗し、ひどい学歴コンプレックスからうつ病になりました。
それを1年半で完全に克服し、
今では自分が心から満足できる大学で自分の好きな研究をして
充実した日々を過ごしています。

僕はもともと、何に対しても自信がなく
ただ勉強して周りの人より良い成績を取ることだけでしか
自分を保てない人間でした。

そして、何をしていても幸せではありませんでした。

でも、うつ病を克服してからは
自分に自信を持てるようになりましたし、
日々、とても充実していて幸せです!

「精神的に強かったからうつ病を克服できたんでしょ?」
と言われることもありますが、
全くそんなことはありません。

どんな人でもうつ病は克服できるし、
誰でも幸せになれる、幸せになる権利があるんです!

以下の記事で、僕がうつ病を克服して幸せになれた過程を紹介しています!

→僕の理念「考え方や価値観を変えて幸せになろう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックしてうつ病から幸せになれたべっちの物語を見る!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です