うつ病を改善させる、効果的な料理3品!

こんにちは、べっちです。

今回は、うつ病を改善させるのに役立つ、

簡単で美味しい料理3品を紹介したいと思います!!

 

前回の記事(『新事実!!うつ病改善に「腸内環境」が関係している!?』)で、

腸内環境がうつ病の改善に重要な役割をしていることを紹介しました。

そして、その記事のなかで腸内環境を改善する方法として以下の3つを紹介しました。

 

① 野菜をたくさん食べ、食物繊維を多く摂取する

② ラクトバシラスという乳酸菌が入ったヨーグルトを食べる

③ 睡眠を十分に取る

 

で、今回はを効果的に実践するために、食物繊維を手軽に摂れる料理を紹介したいと思います!

ここで紹介する料理は普段から僕が作っているもので、

簡単でおいしくて、本当にオススメな料理ですよ!

 

でも、まずは知っておいてほしいことがあるので、それを紹介しますね!

 

食物繊維には2種類ある!

まず、ここで食物繊維についての豆知識をご紹介します。

豆知識とは言っても、食物繊維を効果的に摂るのに重要な知識なので大切なんですよ!

 

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があります。

「水溶性食物繊維」は水に溶けてしまう食物繊維で、

「不溶性食物繊維」は水に溶けない食物繊維です。

多くの野菜は「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の両方を含んでいて、

野菜によってはどちらか一方の食物繊維が大半を占めるものもあります。

 

それぞれの働きとしては、

水溶性食物繊維」は糖質の吸収を抑え、食後の急激な血糖値上昇を防いだり、腸内で分解されることで

ビフィズス菌が腸内環境を良くしてくれます。

一方、「不溶性食物繊維」は胃や腸で水分を吸収して膨らみ、腸を刺激して排便を促したり、

腸内で分解されることでビフィズス菌が腸内環境を良くしてくれます。

 

 

水溶性食物繊維は水に付けたり茹でたりすると、水の中に食物繊維が溶けだすため、

その水を捨ててしまうと水溶性食物繊維を捨ててしまうことになるんですね…!

なので、野菜はあまり茹でない、もし茹でるのならその煮汁をしっかり活用することが大切なのです!

 

また、野菜の食物繊維はその多くが皮に含まれていることが多いので、

なるべく皮を剥かずにそのまま料理することも大切です!

 

では、前置きが長くなりましたが、具体的な料理の紹介をします!

 

うつ病改善に効果的な料理3品の作り方

僕が普段からよく作っていて、簡単でおいしく、

食物繊維もたっぷり摂れる最強のメニューをご紹介します!

 

~ごぼうと糸こんにゃくと鶏肉のスープ~

作り方:
・ごぼうの皮を剥かずに、たわしで泥を落とす
ごぼうのアク抜きはしない!しても1分以内にして最小限に!!)
・ごぼうを薄く斜め切りにする
・糸こんにゃくと鶏肉を適当なサイズに切る
・湯をはった鍋にそれら全てを入れ、アクを取り除く
・火を止めて、醤油、塩、料理酒で味付けする(醤油がメイン)

以上です!たったこれだけです。10分くらいでできてしまいます!

ごぼうの風味と鶏肉のうまみが合いまった、本当においしいスープなんですよ!

ちなみに今夜も作りました(笑)

ポイントは、ごぼうの皮を剥かないことと、アク抜きをしないことです!

これによって食物繊維を無駄にすることなく摂取できます。

 

~白菜うどん~

作り方:
・白菜1/4とネギを一口サイズに切る
・ニンニクを薄切りにする
・鍋に4~5cmくらい水を入れ、鍋に蓋をして白菜とネギとニンニクを入れ、白菜が柔らかくなるまで茹でる(蒸す)
・白菜が柔らかくなったらお湯を足して、一口大に切った豚肉を入れる
・アクが出てきたら取り除く
・火を止めてコンソメ、醤油、料理酒、塩で味付けをする(コンソメがメイン)
・うどんを入れて5分ほど煮込む

これも15~20分くらいで簡単にできるメッチャおいしい料理です!

白菜の甘味と豚肉の味が出て本当においしいんですよ。

うどんとして食べ終わったあとは、白菜スープとしても飲めますよ!

これも、白菜から溶け出した水溶性食物繊維をしっかりスープとして飲めるので

食物繊維を無駄にしない料理なんですね。

特に冬場は体が温まって最高です!

 

~ごぼうと豚肉のマヨ和え~

作り方:
・ごぼうの皮を剥かず、たわしで泥を落とす
アク抜きなし!しても1分以内の最小限に!)
・ごぼうを薄く斜め切りにする
・豚肉を一口大に切る
・フライパンに少量の油を敷いてごぼうと豚肉を炒める
・マヨネーズで和えて、最後に塩コショウで完成

これは5分でできる超簡単レシピです!

ごぼうの食感と豚肉のうまみが最高なんです!

ご飯がすすみますよ!

ちなみにこれも今夜作りました(笑)

 

僕の中では、ごぼうは最強食材なんです!

「水溶性食物繊維」も「不溶性食物繊維」も豊富でしかも安い!!

しかも皮を剥かなければ調理が簡単!

野菜の皮を剥かないでそのまま食べることは、

調理が簡単にもなるし、時間の節約にもなるし、健康にもうつ病にもいいんですね!!

野菜の皮を剥かないだけでメリットがたくさんあります。

 

~最後に~ 料理すること自体もうつ病改善につながる!

上で紹介した3つの料理、是非作ってみてくださいね!

ところで、料理をすること自体もうつ病を克服していくうえで

やっていくと良いことの一つなんですよ!

 

うつ病でつらくて家に引きこもっていると「自分なんて役立たずの人間だ…」

って思ったりして自分を責めてしまうことありますよね?

そんなとき、上で紹介した料理を作って家族に振る舞ってあげれば、

家族に喜ばれて「自分でも人の役に立つことができる!」って

思えて自分を少し肯定できるようになります。

しかも、うつ病の改善に役立つ料理なので一石二鳥ですね!

 

また、うつ病を克服する段階で、一番つらい時を乗り越えて

症状や気分の落ち込みが少し和らいできて、ある程度生活に興味が出てくる状態の時は

自分の好きなことを焦らずにやっていくことが大切なのですが、

そういう状態で料理が好きな方なら、まさに上で紹介した料理を作るのは本当にオススメなんですよ!

(うつ病を克服する各段階において大切なことはこの記事をご覧ください!↓

うつ病を克服するには段階を理解することが大切!』)

 

以上です!

今回紹介した食事と、僕が紹介しているうつ病の克服方法で

自分のペースで着実にうつ病を克服していきましょう!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学受験に大失敗し、ひどい学歴コンプレックスからうつ病になりました。
それを1年半で完全に克服し、
今では自分が心から満足できる大学で自分の好きな研究をして
充実した日々を過ごしています。

僕はもともと、何に対しても自信がなく
ただ勉強して周りの人より良い成績を取ることだけでしか
自分を保てない人間でした。

そして、何をしていても幸せではありませんでした。

でも、うつ病を克服してからは
自分に自信を持てるようになりましたし、
日々、とても充実していて幸せです!

「精神的に強かったからうつ病を克服できたんでしょ?」
と言われることもありますが、
全くそんなことはありません。

どんな人でもうつ病は克服できるし、
誰でも幸せになれる、幸せになる権利があるんです!

以下の記事で、僕がうつ病を克服して幸せになれた過程を紹介しています!

→僕の理念「考え方や価値観を変えて幸せになろう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックしてうつ病から幸せになれたべっちの物語を見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です