「勉強しなきゃ!」と思っているのにできない時の解決法

こんにちは、べっちです。

 

どんな人にも、「やらなければいけないのに、どうしてもやる気がでない」

時ってありますよね?

例えば、勉強しなきゃいけないのは分かっているのに、やる気が出ない。

仕事の納期が迫っているのに、やる気がでない。

レポートの提出期限が迫っているのに、やる気がでない。

 

僕も何度もそういう経験がありますし、今でもよくあります(笑)

 

でも、そういう時の根本的な原因は、

自分が本当にしたいことを素直に認めていないから

なんですね。

 

僕がうつ病の時に読んでいた本の中に、こんな一節がありました。

「あなたは社会的適応として『柄にもなく、良い高校生を演じてきた』が、

心の底ではもっと違うことがしたかった。

だから、今大切なのは、『何かをしたい』という気持ちを素直に認めることである。

それを認めないから心の葛藤が解決しない。やりたいことがあるというのは素晴らしいことだ。

やりたいことがある時は、勉強のことを忘れてそれに打ち込めばいい。

そうすると葛藤がなくなり、勉強に向かえない弱い自分をありのまま受け入れることができる。

そして、大学でやりたいことをするために、自然と頑張ることができるようになる。」

(『受験生の心の休ませ方』 加藤諦三 著 P.58~59より)

 

当時、僕はこの一節にあまり心を打たれなかったのですが、

今読み返すと、かなり納得できるんです。

 

やらなきゃいけないと思っているのにやる気がでないとか、集中力が続かない

という人は、無理をして頑張り過ぎているのです。

今は大学に行くために受験勉強をしなければいけないから、勉強をする。

大学を卒業するために単位を取らなきゃいけないから、試験勉強をする。

 

そうやって社会に適応しようと思って頑張っているが、

本当はもっと別のことをしたいのではないですか?

例えば、

友達と遊びに行きたい。

映画を観に行きたい。

恋愛をしたい。

テレビゲームをしたい。

 

そう思うのはいいことですし、当然のことなのです。

誰だって、試験勉強よりかは遊んでいたいですよね。

なので、大切なのは、

その「〇〇をしたい」という気持ちを素直に認めることなのです。

 

そして、それを素直に認められたら、まずは一度

思いっきりそれに打ち込んでみることが大切なのです。

 

そうすると、今まで勉強をしなきゃいけないのになかなかできない自分に落胆していた気持ちが

なくなって、自分を素直に受け入れられるようになるんですね。

 

そして、やりたいことを思いっきりやっていると、あることに気付くのです。

「これだけをやっているだけでは、味気ない」

そして、「これだけをやっていたら、いつかこれすらもできない状況になってしまう」

と。

 

人間、好きなことだけやっていてもいずれは無味乾燥な感情になりますし、

好きなことだけやっていてもダメだということに気付くのです。

 

例えば、受験勉強しなければいけなのに、友達と遊んでばかりいたら、

大学に行けずに、いずれ友達と遊ぶどころではなくなりますよね?

遊んでばかりいて、大学にも受からなかった、就職もしていない

という状況になれば、友達と遊ぶこともできなくなりますよね。

 

でも、それに気付くことが出来れば、儲けものなんですよ!

なぜなら、

今までは「大学に行かなければいけないから」

とか

「単位を取らなければいけないから」

という消極的な理由でやっていた勉強も

「自分の一番やりたいことをこれからもできるようにするために勉強しよう!」

という前向きなモチベーションに変わるからです。

 

こうすることで、心の葛藤は解決できるのです。

 

実際、僕もうつ病を克服する段階で、約1年半、

いろんなことに挑戦して、自分が本当に望むものや自分が本当にやりたいことは何かを見つけ、

「それをできる環境に行きたい!」

という前向きなモチベーション

2回目の大学受験の勉強を支える大きな原動力でした。

 

僕はうつ病の克服の段階で、

とにかく自分の好きなことをすることを勧めているのですが、

自分の好きなことをするメリットの一つに、こういうことがあるのです。

(詳しくはこちら『うつ病を克服するには段階を理解することが大切!!』)

 

うつ病になってしまう人の多くは真面目過ぎるため、

自分の本当にやりたいことを自分で認めることができないですし、

それをやらないんです。

そしてひたすらそれを我慢して頑張りすぎてしまうのですね。

でもそれはかえって逆効果だったりするのです。

(関連記事『あなたは大丈夫?うつ病になりやすい人の2つの特徴』)

 

なので、どうしてもやる気が起きない時は、自分のやりたいことを思いっきりやってみましょう!

これはうつ病の克服においても大切です!

規範意識にとらわれすぎて、頑張り過ぎるのは良くないのです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は大学受験に大失敗し、ひどい学歴コンプレックスからうつ病になりました。
それを1年半で完全に克服し、
今では自分が心から満足できる大学で自分の好きな研究をして
充実した日々を過ごしています。

僕はもともと、何に対しても自信がなく
ただ勉強して周りの人より良い成績を取ることだけでしか
自分を保てない人間でした。

そして、何をしていても幸せではありませんでした。

でも、うつ病を克服してからは
自分に自信を持てるようになりましたし、
日々、とても充実していて幸せです!

「精神的に強かったからうつ病を克服できたんでしょ?」
と言われることもありますが、
全くそんなことはありません。

どんな人でもうつ病は克服できるし、
誰でも幸せになれる、幸せになる権利があるんです!

以下の記事で、僕がうつ病を克服して幸せになれた過程を紹介しています!

→僕の理念「考え方や価値観を変えて幸せになろう!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下記をクリックしてうつ病から幸せになれたべっちの物語を見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です